カブトムシ
幼虫 観察

メロン栽培とカプトムシの自然生態 の ご案内
現地観察頒布会定期開催参照  企画イベント料金表Pdf   メロンの森パンフレットpdf



 
落ち葉、松葉等を集めて、メロン栽培に重要な有機質の土造り画像

数年目の腐葉はカブトムシにとって、産卵の絶好の住処。画像

9月には、幼虫になり、腐葉を食べて、ぐんぐんと成長。画像

食べた後、糞はペレット状になり、腐葉は発酵が進み、有機質の良土となる。画像

有機質の良土は、メロンの苗の移植ポット用土として、使用。




カブトムシの生態・・・腐葉土内の幼虫 H16.10.23 -10.25撮影
棲んでいる部分の落ち葉・腐葉土を取り除いて撮影。撮影後は元の様に戻しました。

カブトムシの幼虫

カブトムシの幼虫

カブトムシの幼虫

カブトムシの幼虫

カブトムシの幼虫の糞

カブトムシの幼虫の糞



落ち葉、枯れ葉の中で、越冬します

カブトムシの生態・・・腐葉土内のさなぎ〜成虫へ H17.7.30撮影
棲んでいる部分の落ち葉・腐葉土を取り除いて撮影。撮影後は元の様に戻しました。

蛹室内のカブトムシのさなぎ・オス

脱け殻




成虫となったカブトムシは、クヌギ・ナラの樹液を求めて、夜間に行動します

樹液を吸っている様子

樹液を吸っている様子




成虫のカブトムシは、短い一生を終えんとし、子孫を残す為に交尾をし、
雄は死に、雌は卵を産んで死んでしまいます
カブトムシの生態・・・クヌギ・ナラ林内での生態 H17.10.24撮影
死骸と命の誕生

ナラの木林内で短い一生を終えたカブトムシ

ナラの木林内で短い一生を終えたカブトムシ





生命の誕生

腐葉土内に産み付けられた卵から、誕生した幼虫


一年のうち、大半の約10ヶ月を幼虫で過ごし、カブトムシ成体としては約1〜2ヶ月の命です。
自然の中で繰り返される、この生態系のひとときを、現地観察頒布会(有料)としてご案内いたします。


現地観察頒布会 ご案内
幼虫 観察


先頭へ戻る


TOPページへ  サイトマップへ  メロン狩りページへ